安全なインプラント治療

インプラント治療には、手術をしなければいけません。ですから、安全性には、特に不安を感じることもあるでしょう。

 

一般的なインプラント手術は、局所麻酔で行います。当然、手術中の痛みはありませんが、強い不安感を感じる人には、静脈内鎮静法などを用いて、半ば眠るような感じで施術が行われます。

 

手術後には痛みを感じますが、これは、治療の内容や人によって感じ方が違います。概ね、抜歯と同じ程度の痛みと言われています。ちなみに、手術は日帰りで行われます。入院する必要がないので、次の日から普通の生活に戻ることができます。

 

インプラント治療をしなくていいように今からでも自分でできる歯周病対策をしておきましょう。こちらの歯周病におすすめの歯磨き粉を紹介しているサイトなど参考にしてください。

 

体内に埋め込むインプラント体には、チタン素材が使用されます。チタン素材は、骨折した時に骨を止めるボルトやナットの素材であり、整形外科の治療には多く用いられています。チタン素材は、アレルギーの発生も少なく、体に馴染みやすい素材なのです。

 

インプラントの治療が済んだら、正しいメンテナンスをしていかなければいけません。このメンテナンスを継続していくことで、第二の永久歯としての役割を果たせるのです。メンテナンス怠らなければ、ほぼ永久的に使用することができます。

 

以上のことから、とても高い安全性がわかると思います。
しかし、完全にノーリスクというわけではありません。

 

治療前の検査、患者の全身状態の確認、などが正確に行われないと、再手術の可能性もあるのです。ですから、インプラント治療を受ける場合には、良い仕返しを選ぶことが、とても重要なのです。


サイトマップ