ぎっくり腰になったらどうする?

ぎっくり腰になった事があるという人は少なくないのではないでしょうか。

 

急激な痛みがふとした時に腰に走り、動けなるという症状があります。あくまで一般的な呼び名がぎっくり腰と言われているだけであり、医学的な病名は別にあります。『魔女の一撃』という別名を持っていて、その名前からもわかる通り、相当な痛みを伴います。

 

実際にぎっくり腰になった人にしかわからない痛みで、実際にぎっくり腰になった人は、同じ痛みを二度と味わいたくないと思うほどだと言われています。人によって痛める部分が異なるぎっくり腰ですが、大きく分けて3つの痛めやすい部分があります。

 

一つ目は、腰椎です。痛みが腰の中心部に走るのが特徴で、下肢にも痛みがでます。

 

二つ目は、仙腸関節です。痛みが臀部周辺に出るという特徴があり、ふくらはぎや太ももの裏側にも痛みがでます。

 

三つ目が背筋および筋膜になります。

 

線維性膜でおおわれた筋肉、背筋などの筋肉そのものに痛みが走るという特徴があります。これは、腰椎や仙腸関節などが損傷した結果に痛んでしまっていると考えられています。

 

動けなくなるような激しい痛みに突然襲われたら、誰もがパニックに陥ると思います。では、ぎっくり腰にもし突然なってしまったらどうしなければならないのでしょうか。

 

当然のことではありますが、医者に診てもらうのが一番良い方法です。しかし、その他に自分に出来る良い方法が何かあるのか気になるところだと思います。

 

まず、痛みが出た日から三日間は無理をせずに安静にするようにしましょう。無理に体操をしたり体を動かしたりすると、治りがかえって遅くなります。

 

炎症と同じようなものであるぎっくり腰は、患部を氷と水で20〜30分程度冷やすという事を、2〜3時間おきに行うと痛みが軽減されます。温めると逆効果ですので注意しましょう。

 

数日、安静に過ごすことで良くなりますが、それでも軽減されなかったり、動けないようであればきちんと医師に診てもらいましょう。


サイトマップ